2014年06月04日

そよ風の中の青い池

 昼近い青い池です。

場所:美瑛・青い池
場所:美瑛・青い池
撮影情報:6月、機材:Canon EOS 5DMarkIII、Tv:1/40 Av:F9.0 ISO:100 EF24-105mm F4L IS USM 焦点距離:82.0mm

 この日は、そよ風が吹いていて水面に波紋が発生していました。
 以前は、同じ時間帯でも無風でしたので時間帯で判断するのはNGですねぇ。
 1時間程度粘りましたがこの日は風が収まりませんでした。
 青い池周辺が観光化されたせいか人が多いのに驚きます。
posted by 北のキヤノネット at 20:00| 美瑛・白金・青い池

2011年02月06日

2月最初の美瑛・富良野撮影−しらひげの滝

 この日、2週続けて美瑛、富良野撮影に行ってきました

場所:美瑛・朝のしらひげの滝
場所:美瑛・朝のしらひげの滝
 撮影情報:2月、機材:Canon EOS 5DMarkII、LENS:EF24-105mmf/4L IS USM
 Tv:1/25 Av:F9.0 ISO:100 焦点距離24.0o(APS-C換算15.00mm)Filter:Zeta ワイドバンドC-PL

 この日の外気温は、氷点下13度。
 白金温泉街から出た温泉が湯けむりを出しながらしらひげの滝を落ちていました。
 天気予報は、晴れ。
 しらひげの滝を下る温泉には水酸化アルミニウムを含んでいるそうでこれが酸化して青くなるのだとか。
 下流にある蒼池も同じです
posted by 北のキヤノネット at 21:08| 美瑛・白金・青い池

2010年06月20日

美瑛の6月、春朝鏡の様な蒼池

 美瑛の6月、春朝鏡の様な蒼池です。

場所:美瑛・鏡の様な青い池
場所:美瑛・鏡の様な青い池
撮影情報:6月、機材:Canon EOS 7D、Tv:1/40 Av:F8.0 ISO:100 EF70-200mmf/4L IS USM 焦点距離70.0o(35mm換算112.00mm)、フィルター:CPL

 朝7時前の青池です。
 早朝は風が止まる時間がありこの日は7時まで風が止まっていました。
 7時を過ぎると風が出てきてさざ波が立っていましたのでこのショットが最後でした。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池

2010年06月17日

春6月の美瑛川

 6月の美瑛川です。

場所:美瑛・白金の美瑛川
場所:美瑛・白金の美瑛川
撮影情報:6月、機材:Canon EOS 7D、Tv:1/20 Av:F8.0 ISO:100 EF70-200mmf/4L IS USM 焦点距離70.0o(35mm換算112.00mm)、フィルター:CPL

 美瑛・白金にある美瑛川は、川の色から「プルーリバー」と呼ばれています。
 この美瑛川の上流には白金温泉があり、この温泉成分のアルミニウムがブルーになる原因なんだそうです。
 美瑛川の所々には砂防ダムがあります。
 これは、十勝岳がいまだ活火山で最近では1989年に小噴火がありました。
 一時期、蒼池も立ち入り禁止でしたがこの影響で砂防ダム工事があったためです。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池

2010年06月10日

6月美瑛白金のビルケの森の尖がり帽子

 6月の美瑛・青い池が注いでいる美瑛川付近の撮影です。

場所:美瑛・白金インフォメーションセンターの尖がり屋根
場所:美瑛・白金インフォメーションセンターの尖がり屋根
撮影情報:6月、機材:Canon EOS 5DMarkII、Tv:1/60 Av:F8.0 ISO:100 EF24-105mmf/4L IS USM 焦点距離28.0o(APS-C換算17.50mm)、フィルター:CPL

 青い池を撮影する時は必ず寄って一息入れる場所がこのビルケの森にある「白金インフォメーションセンター」の屋根です。
 「白金インフォメーションセンター」は、9時から17時30分まで開館しています。
 なにを隠そう最初に蒼池(青い池)を探したとき立ち寄りました。
 案内の担当の方は親切丁寧に場所を教えてくれたことを思い出しながら撮影しました。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池

2010年06月09日

6月美瑛・青い池の美瑛川

 6月の美瑛・青い池が注いでいる美瑛川付近の撮影です。

場所:美瑛・青い池側の美瑛川
場所:美瑛・青い池側の美瑛川
撮影情報:6月、機材:Canon EOS 5DMarkII、Tv:1/80 Av:F8.0 ISO:100 EF24-105mmf/4L IS USM 焦点距離85.0o(APS-C換算53.12mm)、フィルター:CPL

 朝7時頃の撮影です。
 早朝のせいか水蒸気も大気に出ておらず遠くの山々がはっきりしていました。
 6月は、新緑の季節で木々の緑が一番綺麗な時期ですねぇ。
 5DMarkIIのファームアップ(Ver2.07)にしたところファインダーに表示されるマニュアル露出のメモリが全然異なるのには少々戸惑っています。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池

2010年06月08日

6月美瑛・蒼池(青い池)

 6月の美瑛・蒼池(青い池)です。

場所:美瑛・早朝の青い池
場所:美瑛・早朝の青い池
撮影情報:6月、機材:Canon EOS 5DMarkII、Tv:1/50 Av:F8.0 ISO:100 EF24-105mmf/4L IS USM 焦点距離47.0o(APS-C換算29.37mm)、フィルター:CPL

 朝7時頃の青池です。
 前回は緑色でしたがこの日は青くなっておりました。
 5DMarkIIのファームアップ(Ver2.07)にしたのですがエースレンズ「EF24-105mmf/4L IS USM」のレンズデータが飛んでしまい不明レンズになっていました。
 したがって、5D本体での周辺光量の調整が無効となったまま撮りました。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池

2010年05月23日

20日ぶりの美瑛撮影

 5月22日に美瑛・富良野の撮影をしてきました。
 天気予報は、曇り時々晴れ。
 この日は早朝に富良野入り、朝霧が濃くそのまま本日の目的の「青池」へ。

場所:美瑛・青池
場所:美瑛・青池
撮影情報:5月、機材:Canon EOS 5DMarkII、Tv:1/20 Av:F11.0 ISO:100 EF70-200mmf/4L IS USM 焦点距離138.0o(APS-C換算86.25mm)、フィルター:CPL

 早朝のせいか誰もおらず好位置を独占、しかし青いはずの青池がなんと碧(みどり)....。
 ちょっとついていなかったです。


 青池訪問に朗報。
 判りずらかった青池の入り口に看板が立っていました。

場所:美瑛・青池入り口の看板
場所:美瑛・青池入り口の看板
撮影情報:5月、機材:Canon EOS 7D、Tv:1/40 Av:F8.0 ISO:100 EF24-105mmf/4L IS USM 焦点距離60.0o(35mm換算96.00mm)、フィルター:CPL

 看板は「青池」でも「蒼池」でもなく「青い池」となっていました。
 この看板のあるところが車30台位は停めれそうな駐車場で其処から徒歩で5分程度でしょうか。
 「青い池」に向かう所に「熊出没注意」の看板がありましたょ。
posted by 北のキヤノネット at 06:31| 美瑛・白金・青い池

2010年04月17日

7D+70-200f4で撮ったしらひげの滝

 白金温泉の「白ひげの滝」を7D+070−200f4Lで獲りました。

場所:美瑛・白金・7Dで撮ったしらひげの滝
場所:美瑛・白金・7Dで撮ったしらひげの滝
撮影情報:4月、機材:Canon EOS 7D、Tv:1/20 Av:F9.0 ISO:100 EF70-200mm f/4L IS USM 焦点距離70.0o(35mm換算112.00mm)、フィルター:C-PL

 70−200を使用したので結構アップに撮れています。
 白金温泉の成分が青くなっているのがはっきりしていますねぇ。
 「EF70-200mm f/4L IS US」は風景写真にピッタリです。
 5DMkII用にもう一本ほしいところですねぇ。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池

2010年02月03日

真冬の蒼池は雪隠れ

 真冬のの「蒼池」です。

場所:美瑛・真冬の蒼池
場所:美瑛・真冬の蒼池
撮影情報:12月、機材:Canon 5DMarkII、Tv:1/100 Av:F9.0 ISO:100 EF24-105mmf/4L IS USM 焦点距離28.0o(APS-C換算17.5mm)、フィルタ:PLあり

 写真の右に蒼池があります。
 青い水面が白い雪のしたに隠れだだの雪原の様になっていました。
 足跡を見ると結構な人が訪れたみたいですが「蒼池」が隠れていますので残念でしたね。
 温泉が湧いているわけではないのでやはり凍結して雪が積もったのでしょう。
 それにしても偽木の柵が出来てしまい今年の春は三脚を立てての撮影に苦労しそうです。
posted by 北のキヤノネット at 10:00| 美瑛・白金・青い池