2009年09月13日

スノーシュー MSR デナリクラシック

 9月12日に北海道の最高峰・旭岳で「初冠雪」が記録されました。
 平年より12日も早い「初冠雪」だそうです。
 いよいよ、撮影の装備も冬モードの用意が必要な季節です。
 旭岳では、紅葉と初雪が同時に見れる変わった風景だそうです。(北海道に居ると毎年のことですが)
 冬装備で必要なのが雪原を歩ける「スノーシュー」(西洋かんじき)です。
 私は、MSR社の「デナリクラシック」を購入しています。

MSR(エムエスアール)スノーシューズEvo Ascent
 このMSR社は、ストーブやスノーシューから、テントや浄水器までアウトドア業界のリーダーとして世界中で認められている会社です。
 「デナリクラシック」は、濃い赤色と黒の2食がありますが雪の中で目立つよう赤色をチョイス。
 雪の接地面は、スチール製のレール状プレートが付いており左右への横滑りを防止しています。
 装着は、ゴムバンドで行いますが歩いていても緩むことなく長時間の装着に耐えられます。
 スノーシューを装着する時の靴はホームセンターで998円で購入したビーンブーツを使用しています。
 靴は硬めの方がバンドで締めた時の圧迫感が少なく良いですょ。
 かかと上アキレスけんの部分にゴム製の突起が付いているタイプがバンドのずれを防止できますので必須ですょ。
posted by 北のキヤノネット at 09:00| 撮影機材全般