2009年10月07日

風景写真撮影に必要な脚立

 風景写真を撮っていて撮影専用の道具ではないもので必要になるのが脚立です。
 以前は、安い脚立を使用していたのですが天板に乗ると「ぐらぐら」するため、高強度のCWX-80ASなる脚立を購入して使用しています。
  
 ALINCO(アルインコ) アルミ踏台(天板幅広) CWX-80AS
 この「CWX−80AS」は、3段の脚立で重さが3.3Kgの物です。
 特筆すべき点は、最大使用重量が100Kgと高強度で天板の高さが78cmある点です。
 また、天板が広いタイプですので天板に乗ってファインダーをのぞいても「ぐらつく」ことは無い物を選択しました。
 天板のサイズは、365mm×255mmありますので十分な広さを確保しています。
 以前使用していた脚立は、天板に乗るとはっきりとたわむのがわかりちょっとビビりながら撮影していました。
posted by 北のキヤノネット at 09:00| 撮影機材全般