2014年03月26日

撮影中にキタキツネ来客

 長い間美瑛で撮影していますが野生動物との近距離遭遇は初めてでした。

場所:美瑛・パノラマロード
場所:美瑛・パノラマロード
撮影情報:3月、機材:Canon EOS 5DMarkIII、Tv:1/200 Av:F8.0 ISO:100 EF24-105mm F4L IS USM 焦点距離:102.0mm

 いつも通り車を小道に止め風景を撮影し、動画撮影の為、車から三脚を出そうとしたのですがキタキツネが来客していました。
 キタキツネが居るので三脚も出せず、手持ちで撮影。
 めずらしいものを近距離で撮影できました。
 その後、このキタキツネ君は少し離れた雪山で昼寝をはじめたので三脚を取り出し動画撮影にも成功しました。
 この日の三脚は、ハスキーの雲台が付いていて動画+バーンをしたのですがスムーズさに欠けた動画となってしまいました。
 やはり、ビデオ雲台が必要ですねぇ。
posted by 北のキヤノネット at 22:00| 撮影日記

2014年03月20日

えりも岬は国有林

 襟裳撮影の際、えりもの緑化看板を見つけました。

場所:日高・襟裳岬
場所:日高・襟裳岬
撮影情報:3月、機材:Canon EOS 5DMarkIII、Tv:1/30 Av:F8.0 ISO:100 EF24-105mm F4L IS USM 焦点距離:32.0mm

 仕事で日高に行った際、自費で後泊しえりも岬で撮影した際見つけた看板です。
 えりも岬は、風速10メートル以上の風が年間290日以上吹くといわれる風の強い岬です。
 一度伐採するとなかなか木が生育しない土地で緑化事業が必要なのだそうです。
posted by 北のキヤノネット at 22:00| 日高・えりも

2014年03月07日

6台目は、5DMarkIII

 3/7、5DMarkIIを下取りに出し5DMarkIIIを入手しました。
 5DMarkIIIは、2012年3月22日発売ですから結構5DMarkIIを引っ張っての入れ替えです。
 フルサイズ約2230万画素CMOSセンサーDIGIC5+を搭載しています。
 
 入れ替えの最大ポイントは、画素数というよりは「61点高密度レティクルAF」と視野率100%です。
 風景写真を撮っているとどうしてもと視野率100%が必要です。
 不要な景色を切って撮影したつもりでもほんの少し入っていたり、して見た通りに撮影できるのはストレス軽減になります。
 
キヤノン EOS5D MarkIII ボディ

 5DMarkIIでカタログ撮影やデモビデオの撮影をしていたのですがどうしても余計部分が入り撮影から帰ってから悔して思いを多々しておりました。
 動画も1920×1080(Full HD)が撮れるので助かっています。
 だだ、デジカムの様な手持ち撮影はできず三脚にビデオ雲台を付けて撮影しています。

 色の表現は、しっかりと色のりした画が撮れる部類のカメラです。
 また、5DMarkIIIは、CFカードとSDカードを2枚同時に使用できるデュアルカードスロットが搭載しています。
 一度撮影に出るとメディア交換の心配をせずに取れるのが助かりますね。
posted by 北のキヤノネット at 18:00| 撮影機材カメラ